金属アレルギーmetal allergy

  1. HOME
  2. 金属アレルギー
  3. 金属アレルギーの症状

金属アレルギーの症状

金属アレルギー症例1 金属アレルギー症例2
金属アレルギー症例3 金属アレルギー症例4
金属アレルギーによる皮膚炎

金属から溶け出た金属イオンがたんぱく質に結合すると、たんぱく質から構成される酵素が
異常な働きをするようになります。その異常な働きの一つに、金属アレルギーの症状があります。
ただし、症状が多様であるため他の病気との鑑別がとても難しいのです。
現時点でわかっている症状は以下の通りですが、健康の悪化に大きく影響していることがわかります。

いったんアレルギー症状を発症(感作)してしまうと、再びもとの体質に戻すことは難しくなります。
アレルギー症状を起こすもの(ピアスやネックレス、歯科金属)などを体から外すことが、
まず第一の改善対策です。

装飾品による肌のかぶれ(接触性皮膚炎)

ピアスやネックレスなどの身に着けている装飾品が原因で
肌のかぶれ(接触性皮膚炎)やかゆみを起こすことがあります。
ご自身が金属アレルギーだとおっしゃっている方のほとんどが、
この症状により金属アレルギーを認識されます。

歯科用金属による症状(遅延型アレルギー反応)

歯科用金属などによる手足のかぶれ・シミ、シワ、肌荒れ、老化・痛み(ガルバニ電流)肩こり・ひざの痛み・頭痛・神経症状(水銀毒、重金属毒)・憂鬱・立ちくらみ・不定愁訴・自律神経失調・物忘れ・アトピー様症状が挙げられます。

肌がかぶれる症状は、装飾品によるアレルギー症状と似ていますので、
専門のクリニックで金属アレルギーの検査をすることをお勧めいたします。

診療案内