金属アレルギーmetal allergy

  1. HOME
  2. 金属アレルギー
  3. 歯科金属の除去

歯科金属の除去

金属アレルギーの治療の中心は原因となっている金属の特定を行い、その原因金属を除去することです。

治療の第一ステップはアレルゲンとなっている金属を皮膚に接触させないようにすることです。
まず、ピアス、ネックレス、指輪などをはずします。
どうしても身につけたい場合には、安全性の高い製品に変え、こまめに汗をふき取ります。
一般的にはチタン製、あるいは金や白金の含有量の高いのもが安全とされています。

歯科金属の除去

治療前 治療後
ノンメタル治療前 ノンメタル治療後

アレルギーの原因となっている金属が特定されたら、その金属がつかわれている歯の冠や詰め物を安全性の高いものに取り替える治療を行います。これをノンメタル治療と呼びます。

皮膚の症状に比べて、歯の詰め物や冠によるアレルギーは気が付きにくいのですが、健康障害を起こす危険性は高いと考えられています。

お口の中に多数の冠や詰め物が入っている場合には、検査を行っても原因(アレルゲン)の特定が難しい場合が多いのですが、基本的に溶出度(イオン化傾向)の高い順に取り除きながら様子を見ていきます。
溶出度の高い金属とは、アマルガム、銀合金、ニッケル合金、金銀パラジウム合金などです。
特に噛み合っている上下の歯冠の金属の種類が異なる場合には
磨耗や接触によるガルバニ電流の危険性が高くなりますから注意が必要です。

金属を除去する際の注意点

口腔外バキューム
口腔外バキューム
削った金属粉を吸い込み、
患者様の体内に入るのを防ぎます

金属を除去する際は、削った金属粉がお口の中に広がり、口や鼻から吸い込みさらに金属アレルギー症状が悪化する危険性があります。
専門的な技術や機器が必要です。
金属アレルギーを多く扱う歯科クリニックで行ってもらうことが大切です。
金属を除去した後は、できる限り安全性の高い材料で再修復を行います。

歯科用金属の除去後・デトックス治療

歯科用金属を除去しても、身体の中に蓄積した金属はなかなか排出できません。
ですので、歯科用金属を除去しても症状がすぐに改善されない場合があります。
EDTA点滴キレーション療法などによるデトックス(解毒)で体内に残った有害金属を解毒、排泄します。
発汗やサプリメントによる解毒にもある程度の効果があります。
デトックスの際には有害ミネラルだけでなく必須ミネラルも排泄されてしまいますから、
サプリメントで必須ミネラルを補充する必要があります。

診療案内