金属アレルギーmetal allergy

  1. HOME
  2. 金属アレルギー
  3. 金属アレルギーとは

金属アレルギーとは

ピアス・ネックレス・指輪などの装飾品から起こる
「アレルギー症状(金属アレルギー)」はよく知られています。
意外と見逃されがちですが、口の中に入っている金属でも、「金属アレルギー」が起こるのです。

歯科金属アレルギーとは

口の中の金属は、劣化や唾液により溶け出し、唾液中のタンパク質と結合し、
アレルギーの元(アレルゲン)となります。
アレルゲンに、身体の抗体が過剰に反応し、様々な症状を引き起こします。
それが「金属アレルギー」です。

金属アレルギーのしくみ

お口の中に入っている歯科金属が原因で、口の周りや体に皮膚炎のような症状を起こすことです。
お口の中の金属を外すことで、症状が楽になる場合もあります。

どうして金属アレルギーになるのでしょうか?

金属アレルギーは、直接金属に触れることによってアレルギー反応が起きるわけではありません。
金属から溶け出た金属イオンが、皮膚や粘膜のたんぱく質と結合して、新しいたんぱく質を作ります。
このたんぱく質が、今まで自分で持っていたものとは違うたんぱく質のため、免疫細胞が過度に反応し
アレルギーを起こすのです。

診療案内