入れ歯治療denture

  1. HOME
  2. 入れ歯治療
  3. 入れ歯のお手入れ

入れ歯のお手入れ

歯垢(プラーク)や歯石は入れ歯にも付着します。そして、粘膜の炎症、歯周病、入れ歯の臭いなどの原因となります。全身状態が悪いときには誤嚥性肺炎(※1)や内臓疾患を悪化させることがあります。
食器と同じように入れ歯も食事のたびに専用のブラシできれいに洗いましょう。
夜は入れ歯を洗った後で洗浄剤につけてお休み下さい。
(洗浄剤の種類によって、薬剤につける時間が決まっています。説明書をお読みになりご使用ください。)
入れ歯が変形する恐れがありますので煮沸したお湯には浸けないで下さい。
入れ歯を初めて使われるときは、担当のドクターから使い方のご説明があります。

※1誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
誤嚥性肺炎は高齢者や寝たきりの老人の方に多く見られる、口の中の細菌などが
誤って気管に入ってしまう「嚥下(のみこむこと)障害」によって引き起こされる肺炎です。

入れ歯のお手入れが不十分だと

診療案内