入れ歯治療denture

  1. HOME
  2. >入れ歯治療
  3. 入れ歯の種類

入れ歯の種類

入れ歯には部分入れ歯と総入れ歯があります。部分入れ歯は自分の歯が残っていて、そこに爪をかけます。爪が透明で外から入れ歯とわからないものや爪の変わりに磁石やアタッチメントという装置を使うもの、
軟らかい素材を使ったものなどが開発されています。

総入れ歯は歯が全くないため歯茎や歯肉の粘膜で支えます。
上顎は吸い付く力が、下顎には噛む力を支えることが要求されます。
金属を使うと入れ歯の床を薄くすることができます。

部分入れ歯(部分義歯)

部分入れ歯
入れ歯を支えるため健康な歯に
金属の爪がかかります

部分入れ歯は天然の歯と入れ歯が混在した状態です。歯にはツメ(クラスプといいます)がかかります。ツメは残った天然歯に負担をかけますから、無理な力がかからないように調整します。前歯にツメがかかると見た目が悪いですから、その時には透明なプラスチックのツメを使ったり、ツメのない入れ歯を用いたりします。磁石やアタッチメントといわれる安定装置を使うと装着感がとても良くなります。

総入れ歯(総義歯)

総入れ歯
歯が1本もない人の入れ歯

総入れ歯歯が1本もない場合には総義歯になります。
歯茎と粘膜で入れ歯を安定させなければなりません。高度な技術が必要です。
上顎はそれほど大変ではありませんが、歯茎がやせてしまった下顎は大変難しくなります。「入れ歯がスケートをする」といわれる状態になります。特に、ご高齢の女性は骨が薄くなりがちで、このような状態になりがちです。
インプラントを2~4本埋めて入れ歯の支えにすることもできます。
6本から8本埋めると固定式のブリッジにすることが可能になります。

見た目がきれいな入れ歯

かつて米国では人と会う時のためだけの入れ歯がよく作られました。
パーティーデンチャーと呼ばれていました。見た目は良くても食事はできませんでした。
最近では、きれいなだけではなく、強度を高めた入れ歯が開発されています。
フレキサイト、スマートデンチャー、ホワイトフックなどがあります。
また、美しい口元のためには、前歯を唇やお顔の特徴に合わせてきれいに並べる技術が必要になります。

金属のつめを使っていません金属のつめを使っていないので、
入れ歯をはめているのが気になりません
金属アレルギーの方も安心金属を使用していないので、
金属アレルギーの方でも安心です
弾力性があります弾力性があるので、
付け心地が良い入れ歯
金属のつめを使用している入れ歯と使用していない入れ歯金属のつめを使用している入れ歯と使用していない入れ歯 金属のつめがなくてもしっかりと固定金属の爪がなくても
しっかり固定されています

診療案内