インプラントimplant

  1. HOME
  2. インプラント
  3. インプラントの構造

インプラントの構造

インプラントのしくみ インプラントの構造は大きく分けて、天然歯の歯根に相当するインプラント(人工歯根)と、歯に相当する人工の歯(補綴物)、
それらをつなぐ土台となるアバットメントから構成されています。

インプラント部分には純チタンが用いられています。
生体親和性がよく、強度、恒常性にも優れているからです。

チタンは歯科治療分野以外にも、人工関節や骨折の治療など広い分野で使用されています。チタンの表面は骨とのなじみをよくするために凹凸がつけられています。チタン粒子によるブラスティングや酸処理、イオンクリーニングなどの表面処理が施されます。
また、ハイドロキシアパタイトという骨との結合を早く、強くするコーティング法も開発されています。

診療案内