内科による歯科治療

  1. HOME
  2. 内科による歯科治療
  3. 歯周病を内科で治療

歯周病を内科で治療

歯周病は成人の80%がかかっているといわれる国民病ともいえる状況です。
歯を失う最大の原因であるだけでなく、糖尿病、心不全、早産などの悪化要因となっています。
歯周病(歯槽膿漏)とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が
細菌(歯周病菌)の出す毒素によって溶けていく病気です。

などの症状がみられ、最後には歯が抜けてしまいます。
日本人が歯を失う一番の原因が歯周病(歯槽膿漏)によるものです

従来の歯周病治療

従来の歯周病治療法にもそれなりの効果があります。今までの歯周病の治療は、
歯垢の除去(プラークコントロール)が中心でした。
治療の手順は、まず、歯科医院で歯磨き指導を行いながら、歯石を取り除き歯の周囲の状態を改善します。
その後、ご自分での歯磨きを継続しながら、歯科医院で定期的な歯のクリーニングを続けます。
しかし、このようにして、延々とメンテナンスを続けることにはかなりの根気が必要です。
体調が悪化したり、少し油断をすると再発しかねませんでした。
歯周病の原因菌が残っている限り歯周病は完治しないのです。

歯周内科

歯周病菌を除菌するシステムとして開発されたのが歯周内科です。歯科医師と内科医の連携医療です。
従来の治療法と組み合わせて併用すると劇的な効果があります。
歯周病は従来の治療法では完治が困難でしたが、近年開発された治療法により
劇的な効果が認められています。

診療案内