小児歯科pedodontics

  1. HOME
  2. 小児歯科
  3. 乳歯の虫歯予防

乳歯の虫歯予防

予防について

予防が大切です 虫歯の予防方法と言えば、歯磨きと思っている方が多いと思います。
もちろん歯磨きは大切な予防方法です。
しかし現在では、歯磨き以上の高い効果の予防方法があります。
ここでは歯磨き以外の予防法についてご紹介します。
各人に合った歯磨きの仕方については
担当医・担当衛生士にお尋ね下さい。

PMTC

PMTCとは、専門の機械と安全な薬剤を使って歯を磨き、虫歯菌を退治する方法です。
虫歯菌は自分の歯ブラシだけではなくなりません。
定期的にお口の中をクリーニングすることにより、虫歯になる確率を劇的に減らすことができます。
詳しくはこちら

フッ素

フッ素は歯を強くして虫歯を防ぎます。
また、ごく初期の虫歯を健康な状態に戻すことも可能になってきています。
フッ素の入った歯磨き剤もありますので、ぜひご相談ください。

サホライド

一度できてしまった虫歯の進行を止めるものなので、予防法ではないのですがここでご紹介します。
このサホライドというお薬は、虫歯を削って治すことに耐えられない子供の場合や、
永久歯への交換期間近の乳歯の虫歯で、抜けるまで進行を止めておきたい場合などに使っています。
サホライドを塗ると歯が黒く着色します。この着色は虫歯ではないのでご安心ください。

乳歯の予防歯科

子供さんの治療は、治療する側も大変ですが一番負担になるのは子供さん自身です。
一度痛い気持ちや怖い気持ちを感じてしまうと、二度と歯医者さんへ行きたくなくなってしまいます。
まめに定期健診に来院し、フッ素などの予防治療を受けていれば虫歯がひどくなることも
少ないでしょうし、虫歯を早くに発見すれば、神経まで虫歯が進行せず治療も痛くありません。

歯は私たちの身体のなかでも最も重要であり自然治癒力の弱い部位でもあります。
一度失ってしまったら簡単には元にもどりません。
私たちの歯にとって予防の意識を持つことと、定期健診はとても大切なことなのです。

虫歯以外に注意しなければならないこと

1、歯肉炎

歯ブラシがあまり上手にできない年齢です。自分で磨いた後に、
磨き残しなどをチェックすることも大切です。
軽く磨いて出血するようでしたら、歯肉炎の疑いがあります。

2、指しゃぶり

指しゃぶりを長く続けていると、歯並びが悪くなる場合があります。
せっかく綺麗に生えてきた歯でも、出っ歯などの原因になります。

3、歯並び

咬み合わせのバランスは、身体全体にも大きな影響を与えます。
正しい時期に矯正を考えることが大切です。歯科医師に相談してみてください。

診療案内